世界の片隅で今日も物思う

2016年09月13日

みなさまこんにちは。
制作部の鳥飼です。
今回が初コラムになります。宜しくお願い致します。

 

さて今回は映像制作についての個人的なお話になります。

 

映像制作を開始するときにはまず構成を考えるところから入りますが、
その構成を考える部分が一番大変な部分になります。
構成次第で映像の良し悪しの大半が確定してしまうので当然と言えば当然ですね。

 

そしてその構成を良くする為のアイデアというものが
浮かぶ時はすぐ浮かぶのですが浮かばない時は全然浮かばないんですよね。
素材とにらめっこを続けることもしばしば。

 

しかしジンクスと言いますか、何故かアイデアが浮かびやすい環境というものがあります。
これも各個人で違うためユニークな部分になると思いますが、
私はトイレや入浴中がそれに該当します。

 

PC前にいると素材を繰り返し見たりデザイン本を見たりネット検索したりとやることは多いのですが、
反面トイレや入浴中は、ただ考える以外の選択肢がないため純粋に集中できるからかもしれません。
また入浴中はリラックス効果もあるので柔軟な発想ができるのかもしれませんね。

 

あと特に構成を考えない時でも、色々なことを考えたりします。
目玉焼きにかける味付けのバリエーションとか、ラーメンを食べるとき最初に何を口にするか、とか。
一方壮大な考えの時は、人類・ひいては宇宙という存在の追及、光速の乗り物を作れたとして人間はどう搭乗するのか、など。
基本的にはくだらない考えが多いのですが、いつかエネルギー問題の解決方法とか浮かんだら嬉しいですね(笑)

そして今日もまた世界の片隅で頭を洗いながら物思いにふける鳥飼でした。

 

鳥飼

▲ページTOP