愛車

2016年09月28日

こんにちは、社長の齋藤です。

毎日月曜日〜金曜日まで社員全員でブログを更新するゾ!!とルール決めしたのですが、

ネタ、大変ですね。

 

今日は私の愛車Saab9-3をご紹介します。

といっても正面打ちの写真しかないのですみません。

 

Saabはスウェーデンから産まれた自動車なんです。

元々軍用機を製造していたノウハウから自動車も、、というらしいです。

BMWとライバルという位置づけだったはずなのですが、販売元が西武自動車➡ミツワ自動車➡ヤナセ➡PCI➡…

とたらい回しになり、現在どこも扱っていません。

メーカーもSaabが倒産して、いろんなメーカーに買収してもらったのですが、今では、、、な状態です。

実際メーカーがない状態で維持、大丈夫なの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ご安心を。

 

Saabマニアは全世界に広がっており、しかも日本国内にもSaab専門の整備工場もあるんですよ〜

なので当分は大丈夫です。

 

車の造りはガッシリしていて頑丈そのものです。

スウェーデンは鉄が良く取れるそうで、錆びにも非常に強いのが特徴。

回転数1800くらいからまんべんなくターボがかかるので加速も良く運転がとにかく楽です。

スピードについてはここではあまり書けませんが、まぁ、いい感じです。

 

この車は去年の夏、中古で購入したのですが、実はこの型番の車は20代半ばに新車で買ってしまいました。

ハッキリ言っておバカだとは思うのですが、それほど車にのめり込んでいました。

 

分不相応なものを所有したときの感動は今でも忘れられません。

堅実にそのときの自分の無理の無い範囲で生活する、というのは間違いではないのですが、脳に刻まれたあのときの感動は未だに超えるものはありません。

 

とりあえず今日はこの辺で。また次回、Saabネタで何か書きたいなと思います。

 

 

saab9-3

保存

▲ページTOP