LOVE YOKOHAMA #3 『中華街媽祖廟』

2016年09月29日

こんにちは

 

ライフドキュメンタリーカメラマンの齋藤です。

 

今日は、中華街のお話をさせていただきます。

 

img_2965-2

 

 

横浜には皆さんご存知の、チャイナタウン「横浜中華街」があります

横浜の中華街は、日本最大であるだけでなく、

東アジアで最大の規模なのだそうです。

確かに、入ってみると路地がどこまでも続き、

これでもかと中華料理店が並んでいます。

 

あまりにもありすぎて、どこに入って良いのかわからず

何も食べずに出て来てしまった…などという体験談は

きっと私だけのものではないでしょう(笑)

 

 

今日は、そんな中華街の、中華料理店以外の顔を

ご紹介したいと思います。

 

廟、という祈りの場のご紹介です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが…。

日本でいう神社のような所です。

 

 

中華街には、「関帝廟」「媽祖廟」という

2つの「廟」祈りの場があります。

関帝廟は三国志に登場する「蜀」の国の英雄「関羽」を神として祭る廟です。

媽祖廟は道教の女神「媽祖」を祭る廟です。

 

img_2957-2

 

日本人には、どちらもあまりなじみのない神様ですが、

私はこの2つの廟を訪れる度に、

異国で暮らす中国や台湾の人々が、

心のよりどころにして来た「自分たちだけの神」なのだなぁと

かえって神聖で厳かな気持ちになるのです。

 

img_2892-2

 

 

そっと祈る人を見ていると

祈り願い、神を頼む気持ちって万国共通なのだと感じます。

 

みなさんも中華街にお越しの際にはぜひ、

こんなパワースポットがあったことを思い出して

いつもとは違う作法の祈りを体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

img_2944-2

 

 

齋藤祐子

保存

保存

保存

保存

保存

▲ページTOP