父、襲来。

2017年01月15日

あけました、おめでとうございます。
制作部 岡村です。

今年も変わらず宜しくお願い致します。

年末年始は猫様のお世話があり帰省出来なかった岡村ですが、正月明けに父が遊びに来ました。
来るまでのメールのやり取りがこちらになります↓

父『誕生日プレゼント送るね^^
  今度遊びに行っても良いかい?』

私『いいよー。プレゼントありがと』

父『11日は何時まで仕事?』

私(荷物の時間指定するのかな?)
 『11日はお休みですよ』

父『分かりました!(^o^)/じゃあ10日の夜にお鍋の具もって行くね!』

私「!?」

このやり取りをしていたのが9日でした。
ちょ、ちょっと早くないですかお父上・・・?

予告通り最寄りの改札で待ち合わせた父は珍しく新幹線でいらっしゃいました。
いつもであれば車で来ていましたが、その話をすると「流石にもう疲れるから」と言って笑ってました。
10日の夜は父が持って来たお鍋の具(おでん)とうどんで晩酌しました。
プレゼントと行って一緒に持って来たのは富山県産の大吟醸と新潟県産の濁り酒
地元の福島県産じゃないのですねお父上。
飲みながら愚痴る話は「近所の酒屋さんは福島県産の高くて買えなかった」とか
聞くと安いのはみんな一升瓶だそうで流石に一升は重いなぁと300mlのを二本買ってきたそうです。

因みに何故プレゼントが酒なのかと言うと、私のリクエストで「濁り酒欲しい」と母にメールしていたからです。

母が好きな酒だと言っていたので飲んでみたい的なニュアンスでメールしたのですが、あまりには伝わっていなかったみたいです(泣)

そんなこんなで娘との晩酌を楽しみつつ襲来してきた父との夜なのでした。

因みに猫様たちは九兵衛(猫小)は父に遊んで貰っていましたが、八千代(猫大)はずっと布団の中に籠ってました。
一瞬だけ引っ張って出してくると実家の銀(猫爺)と鈴(猫爺)より大きいんじゃないのとか言われました。
いやいや、爺達は6kgくらいあったじゃないですか、ウチのやっちーは毛が長いだけですよ!
アハハ~

岡村

▲ページTOP