炒飯と焼き飯の違い?

2017年01月24日

みなさまこんにちは。
制作部の鳥飼です。

 

先週末結婚式映像制作のため立川駅に出張したのですが、

その帰りにカメラマンさんと炒飯専門店でご飯を食べてきました。

 

基本炒飯はラーメン屋や中華料理屋のメニューの中の一品として扱われることがほとんどですが、

炒飯のみのお店はそう見かけないのではないでしょうか?

 

炒飯を作った事がある人はご存知かと思いますが、

米をパラパラにさせるためには米を大きく鍋の中で動かす必要があります。

それは腕の力が必要で一人前作るのにも負荷が大きいです。

そんな動作を一日中繰り返すのは重作業ですのでコックの腕が腱鞘炎になるなど

長続きが難しいため専門店が少ないのではないかと推察していました。

 

しかし探せばあるものです。

そんな炒飯専門店はメニューも当然炒飯のみでお値段も700円~800円と普通の価格でした。

入店時はまだランチタイムだったためランチセットを注文してみました。

DSC_0018

 

お味噌汁にサラダやデザートもついてお得なセットですね!

味も美味しく食べに言って良かったと思いました。

 

お店は立川駅構内にあるので探す時はご注意ください。

 

 

さてそんな炒飯ですが、日本には酷似した料理【焼き飯】というものがありますね。

両者の違いは正直見分けが難しいのですが、一般的にはこう提議されていました。

 

【炒飯】

卵を先に入れてからご飯を入れる

【焼き飯】

ご飯を先に入れてから卵を入れる

 

手順の問題なのですね。

もちろん味わいに差が出るのでちゃんと別料理として扱えますね。

私は両方とも好きです!

 

本日のコラムは以上です。

それではまた次回。

 

鳥飼

▲ページTOP