通称「自爆ボタン」

2017年03月07日

みなさんこんにちは。
制作部の鳥飼です。

 

仕事場でも家でも当たり前に置かれるようになったパソコン。
そのパーツで特に重要なものの一つがキーボードですね。
マウスも重要ではありますが、
世の中にはマウスは使わずキーボードだけで映像制作している人も見かけたりします。

 

たしかにショートカットキーを設定すれば可能になりますね。
ノートPCを持ち歩く時にマウスが邪魔だという人はキーボードでなんとかしちゃうのでしょう。
ちなみに私はマウス使う派です。

 

そのキーボードですが現在では多種多様なデザインのキーボードがありますね。
凄い小さいものもあれば色んな機能を付けたボタンだらけのキーボードなども色々。
仕事場ではWindowsでは黒いベーシックなキーボード。
Macだと白いキーボードをよく見かけます。

 

しかしキーボードについて私にはどうしても1点気になるものがあります。
キーボードの種類によってついている、ついていないの差がありますが、
「POWER」というボタンというのを見かけたことはありませんでしょうか?
私はこのボタンが苦手です(汗)

 

ボタン名通りこのボタンはPC本体の電源ボタンと同じ効果がありまして、
シャットダウンするときにこれを押せばOSがシャットダウンします。
便利と言えば便利なのかもしれません。

 

しかしこのボタンには最大の弱点がございまして、
作業中にボタンの押し間違いでこのボタンを押してしまって
パソコンが落ちてしまい保存してなかったデータなどが次元の狭間へ……という悪夢が発生するのです。

 

しかもプリントスクリーンボタンのすぐ側にあるのも困ってます。
プリントスクリーンはそれなりの頻度で押すのですが、
画面を見ながら押した時、誤って「POWER」を押したことが何度もあります。
……ものすごい絶望でしたね(汗)
私の中で「POWER」ボタンは「自爆ボタン」とルビを振って呼ぶようになりました。

 

そういう経験もあり
私は「POWER」ボタンがついていないキーボードを買うようにしています。

 

みなさんはキーボードのこだわり、ありますか?

 

鳥飼

▲ページTOP