動画制作の方針

 

「動画の力でみんなを笑顔に」を目標に、全力で制作に取り組みます。

 

みなさまに喜んでもらえる動画を作るため、常にプロフェッショナルの自覚を持ちながら、日々技術を磨きます。

 

 

 

 

制作にあたり

 

動画制作の方針

お客様にとってベストなご提案を

本当に喜んでいただけるモノづくりのためには、単にクライアントから依頼されたものを作るのではなく、「提案力」「柔軟性」が何よりも必要だと考えています。

 

また、クライアントからの要望をきちんと受け止めながらも「潜在的なご要望や魅力を引き出すこと」を常に心掛けています。

 

さらに「実際に何をどう伝えていくべきか」というベストな表現方法を、予算の中で見出し、丁寧にご提案いたします。

 

 

スピーディーなワンストップ対応

ワンストップで企画から撮影、編集、CG制作、MA、完全納品まで対応しています。

 

そのためスピーディーな案件への対応や、変更修正へのレスポンスが可能です。現在のタイムリーな動画マーケティングの需要にとって、なくてはならない環境だと自負しています。

 

私たちはこれらの仕事を通じて、関わる人々に笑顔が広がっていくような映像制作を、これからも目指していきます。

 

 

社長メッセージ

 

社長メッセージ

当社は設立以来、映像の「伝える力」を信じ、「映像を通じて関わる人に笑顔が繋がって行くような仕事をしていきたい」との熱き想いから、コンテンツ制作を続けて参りました。

 

誰でも気軽に動画を撮影したり発信したりする現在、「プロは何を提供できるのか」、「プロとアマチュアの境目が無くなりつつあるのではないか」と言われています。確かにプロの仕事を一方的に押し付ける時代は終わりました。

 

これからの時代、映像制作のプロに求められるのは、クライアントの「作りたい」・「伝えたい」という思いをベストな形で実現するために、境目を越えて役割を果たすことだと私は考えています。

 

むしろ誰でも映像に関わることができる現代だからこそ、映像の力を求める人々がたくさん存在しています。そこで気軽に相談できる私たちのような「動画のプロ」が、お力になれる機会は今まで以上に増えてきているのではないでしょうか。

 

プロだけが評価する「プロクオリティー」にこだわらず「真のクオリティー」、つまり「本当に喜ばれるもの」・「求められているもの」を提供できる映像制作会社であることを目指し、これからも精一杯努力してまいる所存です。

 

代表取締役 齋藤克彦

保存

▲ページTOP